がん

大腸がん

大腸がんは、欧米風の食事を摂ることが多くなった日本において増えつつあるがんの一つです。初期の段階では自覚症状はほとんどありませんが、便に血が混じっていたり、下痢と便秘を繰り返すといった症状が見られるような場合には、かなり進んでいることが考えられますので、早めに必ず大腸がん検査を受けて下さい。

大腸がんになる原因は、食生活が最も大きなものとして考えられます。牛肉や豚肉、さらにベーコンやハムなどの加工肉を多く食べる人は、症状がなくても検査を受けておいたほうが良いでしょう。また、高齢になるほど発症しやすいのも特徴です。年齢で言えば40歳を過ぎたあたりから、がんになる確率が上昇します。男性よりも女性の方が少ないと言われていましたが、女性でもお肉を多く食べる人は検査しておくべきです。

大腸がん検査では、内視鏡を使うのが一般的です。そのため羞恥心から受けたくないと拒否する人も多く、受診率の低さにつながっています。現在は、受診者への負担も少ない手法が確立されていますので、最大のハードルは羞恥心です。

食道がん

食道がんは、日本人の死亡原因の中でも上位にあります。最近では生活習慣病が原因となり発症する場合もあります。食道がんも、自覚症状が少ないか、無いことがほとんどで、早期発見の機会としては、定期検診や人間ドックで内視鏡検査を行うこと以外にありませんが、早期発見した場合は、完治も可能ながんです。

食道がんは、進行するにつれて、飲食時に違和感を覚えたり、体重減少や胸の痛みなどを感じるようになります。

予防するには、節度を持った生活を試みることです。例えば、禁酒禁煙を徹底するだけでなく、発がん性物質が含まれる添加物の多い惣菜を購入するのではなく、抗がん作用のある野菜を中心とした食生活に切り替えましょう。体型も適切な範囲内にできるように、適度に運動を行うことが重要です。

また、食道がんの原因のひとつに、熱い飲み物をそのまま飲んでしまうことがあります。熱い飲み物が食道を通るたびにダメージが加わり、悪性腫瘍が発生してしまうことがあるためです。

食道がんの治療は、初期の段階であれば放射線治療によって直すことが可能です。中期から後期の場合は、抗がん剤を併用しながらの外科手術になることがほとんどです。この場合、食べ物が喉を通らなくなってしまうことが多く、外科手術も重なり患者様の負担が大きくなります。このように負担の多い食道がんの治療に発展しないためにも、日頃から生活習慣に注意して、定期検診を行いながら僅かな異変も見逃さないようにすることが重要になります。

膵臓がん

膵臓がんは、喫煙、飲酒、肥満、糖尿病などが原因で発生する病気であると考えられます。特に、喫煙による膵臓がんのリスクは高く、非喫煙者に比べて発症する可能性は1.6倍以上と言われています。肥満や糖尿病なども発症するリスクが高くなります。BMIが30を超えている方は、そうでない方に比べて3.5倍の確率で膵臓がんを発症します。

日本人の死亡原因の1位であるがんの中でも、肺がん、胃がんなどに続いて4位です。外科手術によって切除しても再発する可能性が高く、5年以内の生存率は20パーセントから40パーセント程度とかなり低い水準です。

膵臓がんの症状は、初期状態では自覚症状が殆ど無い場合が多く、検知や診断は困難を極めます。超音波検査やレントゲン検査、内視鏡にCT、MRIなどを使用し消化器系の異常が見られないか診断することが多いですが、それでも発見が遅れてしまうことが多いのです。

しかし、早期発見できれば、膵臓がんであっても生存率は低くありません。

治療は、外科手術の他に放射線治療や化学療法などがあります。
膵臓がんには、他のがんと同様にステージが決められており、初期段階のステージ1であれば腫瘍の大きさが2cm以下でリンパ節転移が無い状態です。そこから、腫瘍のサイズが2cmを超え、リンパ節転移が見られれば徐々にステージが上がっていきます。離れた臓器にも悪性腫瘍の転移が見られている場合は、ステージ4の末期状態であり、この状態では治療は困難を極めます。

初期状態であれば放射線治療によって完治することも可能ですが、ステージが進んでしまうと効果が期待できないことが多いです。化学治療は抗がん剤を使用することによって、悪性腫瘍の転移を予防する治療方法です。副作用に注意して、経過観察を徹底していく必要があります。他にも免疫療法や温熱療法などがありますが、治療に対して化学的根拠が確認されていない点に注意が必要です。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査はEUSとも呼ばれ、内臓の様々な異常を体の内部から発見することができます。人間の体の中には様々な臓器があり、これを表面から見た場合、重なっているので外部からのレントゲンや超音波検査では詳細にその様子を確認することができません。そのため、腫瘍やがん等を早期に発見することが難しい場合がありますが、超音波内視鏡検査の場合には体の内部から超音波を利用し、臓器の内部まで観察できるため、非常に画期的な方法となっています。

通常の内視鏡検査の場合、胃、食道、大腸を直接観察できますが、直接目に見える部分、表層部分のみの観察となり、直接見える部分の状態しかわかりません。しかもしすべての臓器に内視鏡を挿入することは非常に難しく、臓器によっては内壁を傷つけてしまう恐れもあります。一方、超音波内視鏡検査EUSは、臓器の内部の状態を超音波(エコー)で他の臓器の状態までも確認することができるため、通常では発見できない様々な病変を発見することができるのが特徴です。

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備
(第1・第2駐車場計50台)

交通案内を見る