内視鏡検査

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡)

「胃カメラ検査」は、一般的には「胃内視鏡検査」、正式には「上部消化管内視鏡検査」と呼ばれています。スコープを鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸などを直接観察できる検査です。挿入するスコープの先端にはカメラ、ライトが内蔵されており、モニターで観察しながら検査します。検査中に胃がんや胃潰瘍などの直接診断に加え、病変部の採取や治療が可能です。色素散布を行いより精緻に検査します。

胃内視鏡検査の詳細を見る

大腸カメラ検査(大腸内視鏡)

大腸カメラは、大腸内視鏡のことですが、一般的には「大腸内視鏡検査」(正式には「下部消化管内視鏡検査」)のことをいいます。内視鏡を肛門から挿入し、直腸から盲腸までの大腸粘膜を直接観察できます。現在では、早期大腸がんや前がん病変であるポリープを発見できるほぼ唯一の検査です。検査中に組織を採取して生検を行い確定診断が可能です。大腸ポリープや早期大腸がんを検査中に切除する日帰り手術も可能です。

大腸視鏡検査の詳細を見る

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備

交通案内を見る