過敏性腸症候群

こんな症状はありませんか?

  • お腹の調子が長期間(数ヶ月)不調、もしくは痛みがある
  • 便通異常(下痢や便秘)が続いている
  • 便の形が悪い時期が続いている
  • 排便をすると痛みが一時的に和らぐ
  • 排便の回数が不規則

このような症状がある方は、過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)が疑われます。腹痛、便秘、下痢などの症状により、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。お困りの方はお気軽にご相談ください。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群はIBS(Irritable Bowel Syndrome)とも呼ばれます。腸にポリープや炎症などの疾患がないにもかかわらず、慢性的に腹痛を伴う下痢や便秘などが起こって、排便すると痛みが軽くなるのが特徴です。大きなストレスを感じることで自律神経が異常を起こし、腸の蠕動運動にトラブルが生じることで発症すると考えられています。

現代社会で急増している疾患の一つです。定期的にひどい便秘に悩まされたり、緊張したときにおなかが緩くなる場合には、過敏性腸症候群の可能性が高いでしょう。日常生活から考えられる原因は、不安や緊張などの精神的なストレスが挙げられます。腸と脳は深い関係にあるため、脳が強いストレスを感じた場合には、腸の蠕動運動に異常が生じて、下痢や便秘などの症状が発生することがあります。また過労や睡眠不足などの身体的なストレスが原因であることも考えられます。過労や睡眠不足により体に疲れが生じたり、食事や睡眠など不規則な生活が続いた場合には、体が大きなストレスを感じることになります。すると同じように腸の蠕動運動には変化がおこり、異常な活発化によって下痢がひきおこされたり、反対に蠕動運動が鈍くなり便秘を引き起こすことにもなります。

症状は?

主な症状は、便秘型と下痢型、そしてこの二つが数日ごとに交互に現れる交代型(混合型)の三つが挙げられます。
下痢型の場合には急激な腹痛とともに1日3回以上の水のような便が排出されるものを指します。便秘型の場合には、週3回以下に排便の回数が減少してしまいます。排便時には腹痛があり、強く息まなければ便が出ず、ようやく出たとしてもウサギの糞のようなころころとした便が出て、残便感が残るのが特徴です。

過敏性腸症候群が疑われるときは?
診断は?

診断には、検査が必要です。これらの症状は、「過敏性腸症候群」特有のものではないからです。内視鏡検査を行い、がんなどのさらに重篤な処置を要する病気でないことを早期に確認する必要があります。検査せずに治療を始めるのは、前がん状態や早期がんを見逃す可能性があり、まずはがんではないことを確認することが重要です。

検査せずに治療を始め、数か月たっても症状が改善せず、検査に来院されるケースもあり、何もなければいいのですが、何か重篤な病気であった場合は残念な結果になりかねません。

大腸カメラ 大腸内視鏡検査 の詳細へ

大腸検査の前準備室(個室の例)

トイレ(左)付個室の準備室です。前準備(腸管洗浄液を飲む)をしていただく部屋です。検査後に休憩していただいています。

休養するだけなら診察室にあるような小さく固いベットのほうが患者様、看護師とも都合がいいのですが、ポリペク(日帰り手術)後の休養までを考え、入院用のベットを用意しています。

治療について

IBSと診断された場合

がんなどの器質的な疾患が否定できたところで、「ひとまず安心」です。ゆったりとした気持ちで治療専念しましょう。

  • 食習慣や生活習慣の改善
    暴飲暴食を避けて3食を規則的に摂る、高脂肪食を控える、アルコールを控える、ストレスをためず睡眠・休養を十分にとる、など
  • 服薬治療
    IBSを下痢型、便秘型、混合型、分類不能型に分類し、さらに便の形でも分類し、腹痛などの症状を考慮し、内服薬を決定

の2つが第一に選択される治療法です。さらに、ストレスも原因であると考えられる場合や他の症状がある場合はあわせて治療を行ない、それでも改善しない場合は、抗不安薬などの心理的要因の改善が期待される薬も考慮します。

過敏性腸症候群(IBS)なら新井病院へ
新井病院では、過敏性腸症候群(IBS)の方、または疑いのある方の治療を行っています。
消化器専門医が診察から治療まで行います。まずは一度ご相談ください。症状が長く続くと悪化しますので、がまんせずに早い時期にご遠慮無くご来院ください。

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備
(第1・第2駐車場計50台)

交通案内を見る