高血圧

高血圧は、加齢や食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣の悪化により、血液(血管)の状態が悪化し血圧が慢性的に高くなる状態を指します。
医学的には、最高血圧が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上の状態を高血圧としており、何らかの治療が必要な状態とななります。

高血圧の原因は、食習慣の乱れや喫煙などが主なものと考えられていますが、その他にも過度の飲酒や、あるいは遺伝の要因もあると考えられます。通常は自分では気づかず、検査による診断で発見されることが多くなっていますが、悪化するとめまいや頭痛などの症状を伴うこともあり、この場合には積極的な治療を行うことが必要となります。

治療法は、降圧剤などの薬での治療と食生活の改善が中心です。喫煙は血管の収縮を伴うので止めたほうがいいでしょう。その他、適度な運動を習慣付け、血管が収縮しないようにすることや、血液の状態改善をするほか、血中コレステロールを減らすことなどが目標となっています。

高血圧とほかの病気は関係が非常に強く、特に高血圧と糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞等と密接な関係があるので、十分に注意をすることが必要です。

治療と日常生活

高血圧は、放置しておくと脳卒中や心臓病などの生命にかかわる病気の引き金になりかねません。日本人に一番多い病気とも言われており身近な存在です。患者数は4,300万人もいると考えられています。

この病気になった場合は、上手に血圧をコントロールしていかなくてはいけません。まず、精神的なストレスは血圧を上昇させるので、イライラしないことを心がけましょう。生活習慣の見直しをすることも重要で、適度な運動をすることが効果的だということが様々な研究から明らかになっています。ウォーキングなどの運動をすることでインスリンの働きが良くなって、分泌量が減ることで血圧が結果的に下がります。食生活に関しては減塩を心がけることが大事です。

この病気を治療する為に、血圧を下げる降圧薬が投与されます。降圧薬の種類は色々あり、その患者さんの症状などを見ながら最適なものが使われていきます。薬と日常生活の見直しをして上手に付き合っていきましょう。

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備
(第1・第2駐車場計50台)

交通案内を見る