慢性胃炎

慢性胃炎は胃酸を分泌している腺が萎縮して起こる胃粘膜の病気です。慢性的に胃酸の分泌が減少する状態が続き、最近ではピロリ菌感染との関係も研究されています。

慢性胃炎の症状は、特有のものはありませんが、一般的に胃潰瘍でも同じような症状が見られ、症状と萎縮の程度は一致しないこともあります。空腹時や夜間に胃がむかむかしたり、もたれた感じがする人が多いです。

慢性胃炎の原因は患者によって様々ですが出血のある胃炎の場合はストレスや飲酒、非ステロイド系消炎鎮痛剤などが原因になります。
ピロリ菌の感染も原因のひとつで、消化管疾患や全身性疾患の影響も考えられています。

検査は内視鏡検査を行います。
内視鏡による観察に加え、組織の一部を採取して顕微鏡で観察します。萎縮の進行や広がりを観察しますが、軽い萎縮の場合は胃粘膜に発赤が見られます。
萎縮が進んでしまった粘膜は、血管が透けて見えます。

検査をして慢性胃炎と診断された場合は、適切な治療を行いますが、慢性胃炎の治療は主に薬物治療が中心になります。
胃酸による攻撃を抑える薬や胃の粘膜を保護する薬、消化管の運動機能を改善する薬で治していきます。予防で重要なのは適切な食生活です。

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備
(第1・第2駐車場計50台)

交通案内を見る