下痢

このような症状がある方は特に注意してください

  • 便が泥状
  • トイレに行く頻度が多い、トイレから離れられないほど頻繁
  • 便の中に粘結状なものがある
  • 回数が多く手や足にしびれがある

下痢の症状

排便回数が多くなり、通常では形のあるはずの便が水分を多く含んで形がなくなる状態が下痢です。腸がうまく水分を吸収できなくなったり、腸からの分泌がふえた時などに生じます。

急性
食中毒などのように突然発生し比較的短期間で収まるもの
慢性
3週間以上続くもの

に分けられます。下痢にも症状と種類があり、原因には様々なことが考えられます。

下痢の原因

  • ウイルス、細菌、寄生虫感染症
  • 薬の副作用
  • 炎症性疾患
  • 腸管の水分吸収量の減少

ウイルス感染(ノロウイルスやロタウイルスなど)、細菌感染(カンピロバクター、腸管出血性大腸菌、サルモネラ菌など)、寄生虫感染(アニサキス、ジアルジアやクリプトスポリジウムなど)が原因で下痢症状が起こされます。冬場の二枚貝の生食によるノロウイルスによるが有名。
医薬品の副作用では、抗がん剤、抗菌薬、免疫抑制薬などの服用で発生します。

潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性疾患の場合、大腸粘膜が炎症を起こし、血液や炎症した組織からの慘出液で水溶性下痢が発生します。
一番多いのは、腸管内の滞留時間が短いため水分が吸収されないことで発生します。カフェインの過剰摂取やストレスなど多岐にわたります。

日常生活から考えられる原因として、発熱を伴わない下痢のほとんどが飲み過ぎや食べ過ぎによるものです。体が疲れている時には消化機能も衰えてしまうので、下痢を発症しやすくなります。アルコールや刺激の強い食べ物を食べた時には胃酸が多く分泌されて、胃の粘膜を傷つけてしまったり、腸の蠕動運動が活発になりすぎてけいれんを引き起こすこともあります。そのほかにも冷えによる消化機能の低下や細菌やウイルス感染、ストレスによる腸のけいれんなども挙げられるでしょう。

急性下痢の原因

  • 食中毒
  • ウイルス、細菌、寄生虫感染症
  • 薬品、カフェインなどの過剰摂取による一時的な症状

慢性下痢の原因

  • 過敏性腸症候群
  • クローン病

下痢の多くは急性がほとんどですが、中には下痢を伴う疾患が潜んでいるケースもあります。精神的なストレスなどが原因で腸の蠕動運動が活発になり、腹痛を伴う慢性的な下痢を引き起こすものが過敏性腸症候群です。何週間も下痢が続いたり、一時的におさまっては再発を繰り返すケースもあります。大腸の粘膜に慢性的な炎症がおこり、粘膜がただれたり、潰瘍が多発する潰瘍性大腸炎や、大腸の内側にいぼ状の突き出た腫瘍ができる大腸ポリープ、そのほかにも食中毒、アレルギー性胃腸炎なども考えられます。病院で検査を受けたうえで診断がなされ、適切な治療を受けることが望まれます。

過敏性腸症候群の詳細を見る

下痢によって発生する疾患

  • 脱水症状
  • 血圧低下

排便回数が増え大量の水分を失い、脱水症状がでます。水分だけでなくナトリウムなどの電解質も同時に失います。症状がひどい場合には、電解質を失うことで筋力低下が発生、循環血液も減少、急性腎不全や不整脈が起こることもあります。

下痢の検査

血液検査や便検査を行い、感染した微生物を特定します。
下痢が1か月以上続く場合は、脂肪便検査、大腸内視鏡検査を行います。

下痢の治療法

水分摂取、輸液投与、下痢止め薬の投与

本来、ウイルス・細菌等の微生物感染による下痢には下痢止めを使いません。止瀉薬(下痢止め)を服用すると、排便せず原因微生物が体内に残るからです。治るどころか悪化することがあります。この場合、脱水症状に気を付け、水分摂取を行います。

いずれにしても原因を特定し、適切な治療が必要で、原因特定のために様々な検査が視野に入ります。急性症状については対処療法を取らざるおえませんが、ある程度落ち着いたら、本格的に検査に着手し、最終的には大腸内視鏡検査による直接観察によって、がんなどの重篤な疾患でないことを確認したうえで、治療に着手するのが、最も有効であると考えられます。

過敏性腸症候群の詳細を見る

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備

交通案内を見る