ピロリ菌

ピロリ菌とは、人間の胃の中に存在する細菌です。ピロリ菌に感染したからと言っても、必ずしも胃がんや胃潰瘍になったりすることはありませんが、1994年に世界保健機構WHOは、疫学的調査からピロリ菌を発がん性物質であると認識しました。現在の日本では衛生状態の改善によってピロリ菌に感染している人は少なくなっていますが、飼い猫や飼い犬などから経口感染で体内に侵入する可能性もあります。

ピロリ菌の検査の方法は、おもに内視鏡検査が中心です。特に胃粘膜の状態を確認し発赤や白色粘膜の付着などが見られた場合は感染を疑ったほうが良いでしょう。

除菌方法は、医薬品の服用によって行うことができます。ただし、それらの医薬品を服用した場合の副作用として、ピロリ菌の除菌の際に胃酸の濃度が上がってしまい、逆流性食道炎に発展してしまうことがあるので、専門医の指導の下、治療することが重要です。

医療法人社団 新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00、診療は午前は12:00、午後は17:00まで
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
JR根室本線『帯広駅』南口から徒歩5分・駐車場完備
(第1・第2駐車場計50台)

交通案内を見る