お知らせ

2022年度の接種状況

インフルエンザワクチンの製造株(2021-2022)

厚生労働省健康局長が、2022年4月12日に発出した文書によると、2022年-2023年シーズン(令和4年度インフルエンザHAワクチン製造株)は、

  • A型株 A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)(H1N1)
  • A型株 A/ダーウィン/9/2021(SAN-010)(H3N2)
  • B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統)
  • B型株 B/オーストリア/1359417/2021(BVR-26)(ビクトリア)

に決まりました。

年度途中で、世界的な流行状況の激変で変更(追加)されるようなことがなければ、この4価が使用されます。(平成26年までは3価ワクチン、平成27年以降は4価ワクチンになっています)

インフルエンザワクチンの製造状況

製造予定本数は、3,521万本です。1ml換算の本数で、大人の1回の接種量は0.5mlですので、7,042万回分です。

2021年は製造ラインの関係で、2,864万本と前年の2020年3,342万本を大幅に下回る製造数でしたが、2022は一昨年の3,342万本を上回る予定です。

インフルエンザワクチンの製造数と使用量

製造数 使用数
平成27年 2,973 2,565
平成28年 2,784 2,642
平成29年 2,643 2,491
平成30年 2,717 2,630
令和1年 2,942 2,825
令和2年 3,342 3,274
令和3年 2,867 2,597
令和4年 3,521  

単位は1ml換算で万本。大人の接種量1回あたり0.5mlで換算すると、1本から2回接種できます。令和4年は製造計画数。

2022年シーズン(2022年秋から2023年春)のワクチン接種について

2022年は10月1日よりスタートします。

戻る

新井病院(北海道十勝)

診療科
総合内科、消化器内科、胃腸内科、内視鏡内科、禁煙外来、生活習慣病健診、人間ドック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は予約が必要です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、受診当日、予約なしでも検査が可能です。ただし、検査前は絶食していただく必要があります。詳しくは胃カメラのページをご覧ください。

受付時間
午前8:30~11:30 午後13:30~16:30
開院は8:00。16:30までにご来院下さい。
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

〒080-0011 帯広市西1条南15丁目6番地
駐車場完備(病院横と国道沿いに50台)

  • とかち・おおぞら・JR根室本線 ご利用の場合『帯広駅』下車 南口から徒歩4分
  • とかちバス・拓殖バス ご利用の場合『帯広駅バスターミナル』下車
  • とかち帯広空港連絡バス ご利用の場合『大通13丁目』『ホテル日航ノースランド帯広』下車
  • 『とかちプラザ』『北洋銀行 帯広中央支店』『帯広信用金庫 中央支店』いずれも徒歩4分

交通案内を見る